11月≪ 2007年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.12/30(Sun)

Mozart: Requiem In D Minor, K 626


Dies iræ, dies illa
solvet sæclum in favilla:
teste David cum Sibylla
Quantus tremor est futurus,
quando judex est venturus,
cuncta stricte discussurus

今年も仕事納めの日がやってきた。

成し遂げたことがあまりに少ないことに驚く。
なんとか教授です。かんとかテレビに出てました。なんとか委員会を動かしました... そうした外形的なことに意味はない。学者の存在理由は鑿のなかにこそある。美しいものを削り出す能力の中にある。何も取り出さず書斎に座っていたこの1年を、私は憐れに思う。ただ、打ち込むべき角度には確信がもてたような気がする。これからは力仕事になる。

Sanctus, Sanctus, Sanctus

今年もたくさんの人にお目にかかりました。たくさんの方々に助けられ、力づけられました。切り開こうとしている方。慈しんでいる方。不運と闘ってもがいている方。みなそれぞれに美しい。

ありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。


大西泰斗












 
スポンサーサイト
14:19  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。