03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.01/16(Wed)

automatic life

齢46。オヤジの生活は高度に自動化されている。

朝起きると、ふらふら自動的に庭に出て自動的にタバコをすう。ガレージを自動であけて、自動車で近所の喫茶店に行って自動ドアを開けると、おばちゃんが自動的に「モーニングセット・ピーナッツ」を出してくる。寿司屋にいけば自動的にエビスビールが出てきて、服屋に行けば自動的に「少年」が出てくる。

以前は、毎日自動的に背広を着ていたのだが、娘に「父兄参観にはもうこないで」とゆわれて反省したのだ。黒いワイシャツと紫のダブルの背広、金の刺繍入りネクタイ。「悪い不動産屋みたい」だそーだ。反省した私は、チラシ広告で当世風な服屋を見つけて、ついでに「少年」を見つけたのだった。

「少年、ちょっと」

手招きすると、自動的に少年が服選びを開始する。

「これいけてますよ」

なにがいけてるのか皆目わからないが、僕は少年を全面的に信頼しているので、

「じゃそれ」

「このネクタイ、自分で買おうか迷ったっす」

「じゃそれ。タイピンは?」

「タイピンは最近つらいっす」

「ベッコウの豪華なタイピン、おみやげでもらったんだけど」

「タイピンはつらいっす。このチェーンがいいっす」

「じゃそれ」

「ズボンもあるかね」

「このGパン、悪くないっす」

「新品なのにやぶけてんだけど」

「悪くないっす」

以上の要領で買い物は20分フラット。


ま、正直言って、じじーは服装なんて臭くなければどーでもいい。というわけで、自動で決まった「少年セット」で「DVDおまけ収録」、行ってきます。

服装は少年のパクリだが、口から出るのは徹頭徹尾オリジナル。

だぜ。








10:05  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。