04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.10/02(Thu)

バイエル通信(第1回)


「英語のバイエル」、学習し始めてくれましたね。

すでに「英語が楽になった」「集中してトレーニングしたら、ネイティブに『すごくうまくなった』と言われた」など、嬉しいご連絡をたくさんいただいています。とってもうれしー、こーゆーご連絡。事務局にご連絡いただいた方々、ありがとうございました。

バイエルを征服するにはコツがあります。それは、

 英文をただただ丸暗記するのではなく、パターンを身につける

ということです。

 英会話はありとあらゆるパターンで行われます。たとえばみなさんがアイスクリームを食べに店に入ったとしましょうか。カウンターでは、できあがりを待っているお客がたくさんいます。

 「このオリジナルってやつをください。ミディアムサイズで」
 「はい。$5になります」

みなさんが財布からお金を出しているときに、ふと店員が尋ねます。

 What's your name?

... これが聞き取れない。みなさんは「そこのカウンターで待っていてください」とか「ありがとうございました」を待ち受けています。そこにWhat's your name? できあがったときに、その名前で呼び出すってシステムなんですが、それを知らなければこの簡単な文は耳に入ってきません。

 「え?なんて言った?」

ってなるわけ。

 英会話はパターン。次にどんな内容の発言がくるのか、ある程度の予測の網を広げながら相手の発言を待ち受ける。そのパターンのやりとりが会話の本質なのです。

 パターンは会話の状況だけではありません。文にもさまざまなパターンがあります。それをすべて網羅したテキスト、それがバイエルです。200覚えることによって、ネイティブの使うパターンすべてを意識的に(無意識的に)使いこなすことができるように作ってあります。だからこそ、

 文そのものではなく、パターンを身につけるように覚えていく

それが大切なのです。

(以下次回)

02:55  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。