05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.09/29(Fri)

東洋女子短期大学閉校に寄せて(転載)


「大西さん、僕のカツ丼を半分あげるよ」新任教員の面接を受けに行った若造の私に、当時学長であった故木内信敬先生が食べかけのどんぶりを差し出した。

 大学の教員というものは、いうなれば個人事業主である。大学というスペースに屋台を出しているテキヤとも言える。テキヤが祭りを選ばないのと同様、大学教員を生業とする者は勤め先を転々とするのが常だ。だが私は、18年間、ここにいた。この場所を動かなかった。人を動かすのは人なのだ。

 この大学に職を得て私は幸せであったように思う。と同時に痛みなくしてこの大学を見送ることはできない。
21:17  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。