07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.03/05(Mon)

「あがり」のくるま

 クルマ好きな僕のまわりの友人たちが、誰1人として、本当に誰1人として近づかないクルマがある。「コレ買ったらもう『あがり』だね」とコソコソうわさ話するクルマがある。それはレクサスLS。最近リリースのセルシオ後継だ。

「試乗できますか?GS と LS両方お願いします」

 園芸店で茄子用のプランターを買うつもりで散歩に出た僕は、ふと気が付くと笑顔がステキな営業マンと話し込んでいた。「日本の高級車」ってどーゆーのか前から気になってたからね。

 GS (アリスト後継)は「ふつー」。BMW の5 や ベンツのE が当面のライバルのようで、乗り味も似たようなもん。悪くないけど、いまさらそんなとこ追求してどーする、「日本の高級車」目指してんのに。あんまりつまんないので「トラクションコントロール解除していいですか」と言ったら怒られた。そりゃごもっとも。試乗で激走はいかんよね。ごめんなさい。

 LS はだけど別世界。前のセルシオよりも多少固めの乗り心地だけど、シルキースムース。アメ車にもドイツ車にもない独特の世界。乗り心地も内装も、神経に障るものが何もない。ギコギコ鳴るコンソールボックスはないし、日に3度は破壊したくなる頭の悪いナビもついていない。ハンドブレーキ解除の必要すらなかったりする。注意深くありとあらゆる凹凸を排除したクルマ。ドイツ車なら1日500km 走るとぐったりするが、これならその後フルマラソンに出走できる。しないけど。
 ただね、やっぱりこれは「アガリ」のクルマ。「神経に障らない」とはつまり「クルマに乗っていることを感じさせない」ということだ。クルマ好きにとってそれは「あがり」を意味する。まだ僕はアガレない。

 「いかがですか?」 笑顔のステキな営業マンが話しかけてくる。
 「たいへん立派なおっさんクルマです。私が正真正銘のおっさんになったら必ず買いに来ます。5年後くらいです」

 営業マン、満面の笑みで
 「それでは5年後のご来店をお待ち致しております」

日本初の高級車専用ディーラー。スタッフは確かに高級であった。
かんしんかんしん。
09:46  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。