03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.01/22(Fri)

Cancel the candles


 頭のなかでリフレインしているのは、
 「英語を作り出すことができるようになる」文法書。

 as to =def. to specify the particular subject or area that you are talking about; used in BrE (=on)
(COBUILD)

などと説明するのはたやすい。だけどね、高校生が on じゃなくて as to を「作り出す」ことができるようにサポートできなければ、僕が書く意味はないじゃないか-----as to の目を惹く感触。ここをhighlight させたいという微かな意識。それをどうやって As it rained hard, I got wet. から説明するのか。どうやったらasがクッキリと像を結ぶのか。

 用語の森のようになっている文法書はたくさんある。適当に「よくでる」形や語句をつまんで、「暗記してね」の本もたくさんある。説明がよく読むと矛盾だらけの本もたくさんある。僕はそうした本に与しない。それでは高校生は、英語で仕事ができない。

 だからasで1日使う。
 地面を向きながら、1日使う。

******************************************************
いい加減原稿がまとまってきたら、高校の先生会員募集を行います。


10:03  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。