10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.10/06(Wed)

The Drive of Your Life english engine 2

 このほぼすべての学習英文法書に共通した、無定見な品詞の扱いは、めぐりめぐって「不定詞のさまざまな用法」に結実する。あるいは「動名詞、現在分詞のさまざまな用法」に結実する。誰もが感じる「to不定詞ってそんなにたくさんの用法があるの?」。本を投げ出した方---あなたが正解です。
 消費者ローンを無定見に使えば、支払いができなくなる日がくる。原稿を約束しまくれば、〆切を守れなくなる。丼飯を食べ過ぎれば、ベルトがきつくなる。それとまったく同じことが起こっているにすぎない。

 ある表現にさまざまな「品詞」としての使い方が重なる。それは言語学の1時間目に習う英語の基本的な性質である。語彙に品詞分類を正確に適用することはできない。それは英語教師としてもイロハだろう。表現に品詞を適用できないなら。いったい。


 なにが品詞を与えるのか。
 なにが文を構成する力なのか。
 それが学習者に与えるべき ENGLISH ENGINE だ。


表現に無理矢理品詞を与えようとするから、文を構成するENGINEに気がつかないから、「前置詞は形容詞にも名詞にも副詞にもなりますよ」という節操のない話を、TOにも。-INGにも。展開する羽目になってゆく。

「-INGは動名詞で形容詞的用法で、副詞的用法なんですよ」

あーそーですか。-ING そのものにそうした力があるのなら、なぜ「文には名詞的用法と形容詞的用法がある」と言わないのか。-INGが主語にくるなら、文だってくる。-INGが形容詞的に働くなら同格節も形容詞だ。ハイフンでつなげりゃ、自由に文で形容詞を作ることができる。遠慮せず書けばいいのではないですか?そうすれば、学校文法が抱える問題の所在がより明らかになる。

 それが「走らない理由」だ。

 路面を蹴って英語を駆動する。それができないのは、そもそも駆動する力が与えられていないからだ。そもそも engine が存在しないからだ。すべて暗記しても、暗記すればするほど、意味のない陥穽に落ちていく文法だからだ。


<今日もいいかげん働いた。で。続く>

 

 
 

 


 

 

 
23:41  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。