04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.03/15(Tue)

覚醒

 地殻変動は東北沖だけに起こったわけじゃない。
 地震による地殻変動は僕たち1人1人のなかでこそ、もっとも強く起こった。

 本州の三分の一に大きな打撃を与えた未曾有の災害は、いやがおうなく我々日本人すべてが1つの運命を共有していることを1人1人の胸に深く刻みつけたように思う。

 大国病---日本はこれまで緩慢な死に向かっていたように思える。拝金、教育レベルの低下、道徳の荒廃、産業・政治・外交の衰退、いずれもその証左となるべき事例に事欠かない。
 海外の報道を待たずとも、礼儀・遵法意識の高さ・高い職業意識・緊密なつながりは日本人に突出した美徳だ。海外で現地人に混ざって暮らしてみればその美しさははっきりとわかる。日本人を「美しい人々」と形容した外国人は、偶然僕のまわりだけにいたわけじゃないだろう。ただそれが時代の流れの中で澱み窒息していただけのことだ。石原東京都知事が一貫して---多分に誤解を与えるレトリックで---漏らしていたのは、精神的に滅びていく「日本人」への慟哭なのだ。彼は孤独な墓守りなのだと僕は理解してきた。

 隣で何が起ころうが知ったことではない。時代がゆっくりと堆積させた澱は---だが---自然の暴力によって吹き飛ばされ、我々が本来受け継いできた岩盤が顔を覗かせている。
 隣で何が起ころうが、の立派な一員であった僕も、今は国の将来を背負って負けられない闘いをしている、原子力発電所のオペレーターの気持ちに寄り添っている。自衛隊員を始めとする、救助活動に携わるすべての人々に手を合わせている。仲間の苦労を思い、その苦労を自分の仕事に投影させようとしている。今までよりも少しだけ真摯に生きてみようと思う。そう、2倍だけ。

 天災・天罰・天佑。

 天はいろいろなものを空から降らせてくる。だけど。

 ALL JAPAN。



 勝負はこっからだ。


名称未設定-1




22:23  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。