06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.08/22(Wed)

「あなたの魅力を演出するちょっとしたヒント」

 ふと、英文法の骨子は2ページぐらいの図にまとまりそうだなと思いながら、毎日お絵かき。「一億人の英文法」は、一冊である程度の語彙力まで包括的に取り扱ったから700pp 近くになったけど、文法の本質なら2ページで足りそうだなと。「公理」を設定するだけだからね。数学なら数行だろう。

 お絵かきしながら、つらつら硬軟・新旧・和洋とりまぜて読書をしているわけであるが、僕にとってよい本の基準は「飛行機にもっていけるかどうか」だったりする。10時間1冊で足りるのかどうか。もとより読むのは遅くないから、文字数的には到底一冊で機内の無聊を慰めることはできない。ただ、ページにこめられた「内容量」は別だ。2ページの文法公理にあらゆる英文が「折りたたまれる」ように、ホンの200ページ文庫本にも人生や重要なアイデアが埋め込まれたりする。そうした本ならいくらでも読み返しながら楽しめる。

 8月は息子のゴルフに付き合いながらバカみたいな数の本を読んだが、飛行機に持って行けるのは鴻上尚史の「あなたの魅力を演出するちょっとしたヒント」くらいのものだ。たいへん読みやすい本で、眠りにつく前の1時間ちょっとで読めてしまうはずだが、折りたたまれた日常的直観や御利益には巨大なものがある。人を惹きつけるということがどういう技術の組み合わせであるのかがわかるはずだ。


 まぁ本読んでやってごらん。



10:03  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。