07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.10/14(Sun)

東進ハイスクール主催の講演会では

 「受験の向こうに照準を合わせた授業」といった内容で2時間お話しました。

 受験が最終目標地点だからこそ看過されてきた、語義定義の甘さ、日本語訳による基本語彙の理解、多くの人々が理解できないくらい「重い」伝統的品詞文法。この現状を打破するために既刊「一億人の英文法」ではどういった工夫や改善がなされているのかを-----「話すための」文法の要諦がシステムの軽さであることを論じながら-----お話しました。

 講演会後、控え室に日本屈指の進学校の先生方が来てくれました。同じように「受験の向こうを見せる教育を考えている」とのお話。その学校では「一億人の英文法」を学生に読ませていただいているようです。学生たちは幸せだなと思いました。

 また、「読解トレーニングの本を書いて欲しい」との要請も多くの先生方から受けました。スラッシュや矢印を引くのは、単に文構造を「見やすく」する説明の方便です。読解で必要なのは、「引く」こと自体ではなくそうした正しい読み方をする---文構造を正確に把握する---能力です。「一億人の英文法」を書いたときには、キチンと読んでいただければそうした能力は自然につくものだと思っていましたが、もう少し段階別の練習を含んだ本を書いてもいいと思っています。

 いいかげん体力を使った1週間だったので、今日はだらだらと本を読みながら過ごしています。

 明日から、出来ることをやっていこうと思っています。





 
17:54  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。