09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.12/10(Mon)

悪夢な飲み会

 なんだよ、福野礼一郎。LE VOLANT(ルボラン)に連載してんぢゃん。この人は、いつも車のことについて語っていながら思い起こさせるのは常に車以外のこと、という変わった自動車評論家だ。

***************************************
 あるエンジン設計者はこんなことを言う。
「[他社の車の]どこがすごいのかわかるならまだいいんです。われわれも(その設計の意図が)わかっているってことですからね。やばいのは設計の意図がわからないときです」
 ある小部品を分解して、ルーペで観察していたら、部品のある部分に、目に見えないくらい細密なスリットが入っているのを見つけた。だが、その意味がわからない。...中略... エンジニアであれば、こんなものを見つけたら誰だって戦慄するだろう。
 その話をしてみたら、別のエンジニアもこういった。
「...[他社の車を]分解して部品を調べても、本当のところはよくわからない。でき上がった部品をいくら調べても、設計の意図がすべて見えるとは限らないんです。どこかに、目に見えないが本質的な...中略...革新があるかもしれない。だとしたら怖いです」
(LE VOLANT 2012年12月号)
***************************************

 これは既に車の話ではない。エンジニアに拘わらずおおよそ創造的な仕事をする人間なら誰しも胸の奥にしのばせている、ごくごく一般的な、あの悪夢の話だ。「理解すらできない決定的なレベルの差」------ そのことだ。
 
 普段僕は比較的穏やかな英語学習書の世界に生きているので、それほどこの悪夢を思い出すこともない。文法用語や説明が積み上げ式に堆積した平和な景観のなかにいれば、アドレナリンが体を駆け上がるような悪夢を見ることはない。すべてはいやというほど繰り返し語られた牧歌的な景色だ。
 ただ、そこに高速道路を通そうと思えば、事態は一変する。そこに必要なのは、橋梁技術であり舗装技術であり耐震設計であり掘削技術だ。システムの構築とそれを支える技術・部品の細部にわたる検討が必要となる。自分が用いた文法用語がどの程度の強度と汎用性があり、どれほどのパフォーマンスを期待できるのか。それらが組み上げる道路は誰もがガードレールに当たらずに走り抜けることのできる適正なrを描いているのか。
 そうした問題と闘っているとき、例の悪夢は常に頭をもたげている。「自分がまるで気がついていない重要な観点はないのか。組み上げたシステムの齟齬や誤謬を看過して書き飛ばしていないか。遙か高い知性の持ち主にはそれがハッキリと見えているのではないのか」。知っているのか知らないのか、という単純な問題ではなく、システムをどう組み上げるのかの問題を扱っていれば、常に、誰にでも、この不安は付きまとうはずだ。システムの整備は暗記力でも知識量でもなく知力の問題だからだ。

 講演会の後、僕は来場していただいたみなさんの数人とゆっくり歓談する機会を設けるのが常であるが、福岡講演会では失礼させていただいた。大学院時代から「悪夢の根源」であった2人と約束があったためだ。

 今までの人生を通じて僕は幸いなことにたいへん優れた指導教授や同期に恵まれてきたが、この2人は中でも飛び抜けた才能があった。天才と言っても過言ではなかろう。その後僕が言語学会だろうが国際人工知能学会だろうが一切気圧されたことがなかったのも、日常的にこうした種類の人間の有り様を見、鍛えられたからだと思う。発表を聞いてもなぜそんなことを今持ち出すのか、どうしてそんなことを考えられるのか見当がつかない。そうした悪夢と日常過ごしてきたからだと思う。

 飲み会は本当に楽しかった。

 僕は「まちがってはいなかった」という考えを酒と共に飲み下した。知力の一点で敵わないことを恥じないということ。そしてそれを補うために、なけなしの、知力以外の能力を集めまとめること。鳥の目をもたなくても葉っぱを1枚ずつ集め続けること。そうやって同じ場所に立つということ。

 「相変わらず火星人かと思うぐらい頭良いよなぁ」
 「まぁ、お前もいろいろ変わった才能があるヤツだとは思っていたよ」

 すべてが今に向かって流れてきた、そんな気がする飲み会だった。

13:16  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。